カウンセリング

目の下にできるクマを取り除く|自信のある目に

パッチリ目が魅力

目の整形

W法による切開

日本人女性の多くはパッチリとした瞳に憧れ、アイメイクにも力を注いでいる傾向にあり、二重瞼へのプチ整形術も定着しています。二重の幅はデザインセンスが必要で、狭すぎることで一重に見えてしまったり、幅が広すぎると眠たい目元の印象を与えるなど、デザインセンスはカギを握っています。整形術では、二重瞼の手術が定着していますが、すでに二重瞼である女性でも、平行型や末広型などの異なる幅に作り変える目頭切開法が利用できます。中でも、W法を用いるテクニックが変化を求める場合に最適で、蒙古ひだを完全に切除する目頭切開なので、トレンド顔となるハーフ顔に近づける平行型の大きな瞳を作り出すなど、アイメイク要らずの劇的な変化がつけられます。

切開と同時に得られる

目頭切開は、日本人特有の蒙古ひだを取り除く手術ですが、この切開法を用いることによって、目元の印象を様々に変えることができる整形法となります。蒙古ひだは、目頭に覆い被さっている皮膚ですが、目頭切開を行うことによって、横幅が広がり、パッチリとした二重の印象に導いたり、華やかな印象やハーフ顔にも見せてくれます。また、プチ整形としても支持されており、手術にかかる時間も数十分で、日帰りでの手術も可能です。近年では、目頭切開を希望するニーズにあわせて、同時に二重瞼の切開手術も提案してくれています。手軽な手術となる切開術ですが、腫れなどのダウンタイムに関して予測が付きにくいため、美的センスも含め、医師との相談やスケジュール調整などを行っておくのも安心できる要素です。