カウンセリング

目の下にできるクマを取り除く|自信のある目に

顔の老化現象を改善する

美容整形

眼輪筋を鍛えることで予防

年齢と共にシワやたるみができてきますが、人によって目立つ場合とそうでもない場合があります。目の下の脂肪が体質的に多い人はたるみができやすくなります。特に目の大きな人に脂肪が多いのですが、その様な人は若い頃から注意する必要があります。若い頃から表情エクササイズなどをしておくと、眼輪筋が鍛えられて目の下の脂肪分を引き締めることができます。眼輪筋というのは目の周りの筋肉で、それが衰えると目の下にたるみができるのです。また血液やリンパなどの流れが停滞すると余分や脂肪や水分がたまって、目の下のたるみができやすくなります。普段から気をつけて耳の後ろや耳下のツボをマッサージすると、リンパの流れがよくなってたるみを予防することができます。

切開術やレーザーでの治療

目の下のたるみができてしまった場合は、美容外科で下まぶたの切開手術を行います。目の下の皮膚は薄いので、手術の傷跡が目立つ心配は不要です。また眼窩脂肪を取り出す手術の場合は、下まぶたの裏側から施術するので傷は残らないのです。どちらにしても美容外科で診察して症状を見極めた上での手術になります。またたるみが小さい場合は、切開手術ではなく注射で治療することもあります。ヒアルロン酸を注入することによってたるみを改善できます。ただしこのようなやり方は効果が持続しないので、何度も行うことになります。最近ではレーザー治療によって目の下のたるみを解消する方法が人気があります。レーザーを照射するだけなので傷跡の心配が不要で、即効性があります。